2014年08月12日

補聴器のメンテナンス

P1000992

原町店です。今回は補聴器の手入れについてご説明します。
毎日、暑い日が続いていますがそんな時期は補聴器にとっても厳しい時です。
現在の補聴器は生活防水仕様にはなっておりますが、耳も汗をかきますので1日使用すると
じわじわと補聴器本体にもダメージが。。。

 

湿気が本体にまで入り込むと音が割れたり弱くなったり、最終的には鳴らなくなったりします。
このようにならない為にも、梅雨〜夏場は、なるべくお手入れをしたいところです。
補聴器のフック及び本体の汚れををアルコールを浸した綿やティッシュで除去して下さい。
水滴や汗などはこまめに拭き取って下さい。
また湿気は補聴器にとっては大敵ですので使わない時は乾燥ケース等に入れて除湿に

努めて下さい。

 

当店でお求めの補聴器に関しましては2年間の無料修理がありますので音がおかしいと

感じられましたら遠慮なくお申し付け下さい!

posted by メガネのウインク at 10:18| 未分類

2014年08月08日

アイメックを使うと快適遠近が作れる理由 その3 フレーム形状とのマッチング

アイメックという視線測定器を使うと快適遠近が作れる理由の3回目です。

今回は、フレーム形状とのマッチングについてです。

最近のフレームは、フロントカーブが深いものが増えています。(ハイカーブまではいかなくても)

Photo

上がアイメックで撮影した写真です。フロントカーブがあるので、少しレンズが斜めになっているのがわかります。

上図がフロントカーブがない状態です。眼に対してレンズは直行した位置関係にあります。

下図が一定のカーブがある状態です。眼に対してレンズは斜めになっている状態です。Photo_2

Photo_3

メガネレンズは、基本的に眼に対して直行する角度でセットする前提で設計されています。

5度程度の傾斜ならOKでも、10度、15度と傾斜があると、本来とは違った乱視度数が発生してしまいます。

Photo_4

最近では、フロントカーブの程度を勘案したレンズ発注が出来る時代になっています。

仮に10度傾斜するのであれば、それを踏まえた設計に修正できるわけです。

アイメックでは、このようなデータが取れるので選択したフレームに対応したレンズ設計のマッチングが出来るので快適になるわけです。

posted by メガネのウインク at 09:31| 未分類

2014年08月04日

こんなこと、していませんか?

熱海店 田中です。

8月に入り日差しもギラギラと鋭く、毎日まぶしい思いをなさっている方も多いのではないでしょうか?そんなときに活躍するのがサングラスですよね。

ですが、ついついこのサングラスを「運転する時しか使わないから・・・」なんて、車の中に置きっぱなしにしたりしていませんか?

実は高温になるところにサングラスやメガネを放置するのはやってはいけないことなのです。

サングラスやメガネに使われているプラスチックレンズに熱は大敵、変形したり割れてしまったり、真っ白に曇って何も見えなくなってしまうことも・・・

レンズの表面に施されているコーティングの劣化にも影響を及ぼします。「メガネを掛けたままお風呂に入る」なんて方、結構いらっしゃるのでは?

ぬるま湯でメガネを洗うのもNG!

さらにセルなどのフレームならなおのこと。車に置いておいたら変形してしまった、なんてお持ちになるお客様もいらっしゃいます。

「いちいち持って乗ったり降りたりするのは面倒」「そんなの気にしていられない」と思われるかも知れませんが、そのひと手間がメガネの寿命を左右するのです。せっかく気に入って購入したメガネやサングラス、長くそばに置いておきたいですよね。

お仕事柄どうしても熱にさらされてしまうという方や、お風呂に入る時メガネがないと不安という方はぜひご相談ください。ご希望に添えるような提案をさせていただきます^^

posted by メガネのウインク at 17:48| 未分類