2015年07月06日

メラニンとサングラス

熱海店 田中です。

毎日雨続きですね。しかも台風も一気に発生していて、しばらく晴れ間は望めそうにもありませんね・・・

これからの時期、日焼け止めを塗って、アームカバー、帽子で日焼け対策はばっちり!これでシミやそばかすも作らせない!そう思ってませんか?実は意外な原因でシミやそばかすが出来てしまう可能性があるんです。

それが「眼が感じる紫外線」。眼が紫外線を感じ取ってしまうと、いくら日焼け止めを塗って直接の紫外線は防いでも、肌を守ろうとしてシミやそばかすを作り出してしまいます。

それを防ぐにはやっぱりサングラスが有効です。ですが、サングラスならなんでもいいというわけではなく、きちんと紫外線がカットできるものでないと意味がありません。

ところで紫外線のカット率が99%以上なのはもちろんのこと、さらにシミやそばかすを防ぐレンズがあるのをご存知でしたか?「メラニンレンズ」といいます。

メラニンレンズは大学教授によってアメリカで開発され、製造特許を取得しているものです。人工メラニンを特殊製法でレンズに配合し、シミやそばかすの原因となる過剰メラニンが生成されるのを抑制する効果があるんです。

20150706

当店では正式に認証を受けたメラニンレンズを使用したサングラス「COSME EYE」をご用意いたしております。今年の夏は眼からの日焼けも防いで、美白の手助けにしてみてはいかがでしょうか?

posted by メガネのウインク at 06:18| 未分類

2014年09月30日

色が変わるレンズ?

熱海店 田中です。

もうすっかり風が冷たくなってきましたね。風が吹くと寒くて思わず身震いしてしまいます。

今回は「調光レンズ」についてです。

調光レンズとは、紫外線に反応し色が変化するレンズのことです。「室内ではメガネ、屋外ではサングラスとして使用できます!」といったような文句を耳にしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ご覧の通り普段はほぼ透明なレンズです。

__6

色の変化をわかりやすくするため、百円玉を乗せて紫外線ライトに約30秒当ててみます。

___1

こちらが取り出したものです。ずいぶん色が変化しましたよね。乗せていた百円玉を取ってみると・・・

__7

この通り。どのくらい濃さが変化したか一目瞭然ですよね。今の調光レンズはこんなに華やかな色もあるんです^^

どうして色が変わるのかという仕組みは省きますが、勘違いが起きやすいのは「光を当てても色が変わるわけではない」ということ。「紫外線に反応し色が変化する」ので、たとえばUVカット加工のされた車のフロントガラス越しの光を浴びても、大して色が変化するわけではないということです。車を降りて、外を歩いたりすればもちろん色は変化します。

そして色が瞬時に変化するわけでもないということも注意してください。着色時間は約30秒ほどですが、退色時間は約5分〜10分ほどかかってしまいます。室内や、紫外線の当たらないところに入ったからといって途端に色が変化するわけではありません。いきなり暗いところに入ってもレンズの色はしばらく濃いままですので大変見づらくなります。注意してください。

また、温度によって色の濃度が変わることもあります。温度が高いと色の変化が抑制されますので、夏場と冬場では同じ紫外線量でも色の濃さが違います。

気温が低く、紫外線量が多いと色が濃く変化しますのでこれからの時期にぴったりですね。

posted by メガネのウインク at 16:09| 未分類

2014年09月22日

ギラギラをカット!

熱海店 田中です。

台風がだんだんと日本に進路を向けているようですね。天気の急変や暴風雨にはどうぞ気をつけてください。

車を運転される方などは「路面からのギラギラした反射がまぶしくてつらい」「フロントガラスに映り込んだダッシュボードがわずらわしい」「雨があがった後の運転は反射で見づらくて怖い」なんて経験をお持ちではありませんか?

そんな方におススメしたいのが偏光レンズです。

釣りをなさる方はご存知かもしれませんね。水面のギラツキを抑え、水中にいる魚がよく見えるようになる、あの偏光レンズです。

光が水面やガラスなどに当たると反射光という「光のノイズ」が発生します。それが視界を遮り、「ギラギラして見づらい」「白く照り返して見えない」という状態を作り出します。

偏光レンズはこの「光のノイズ」を取り除き、スッキリとした視界を保ちます。

仕組みをごくごく簡単に説明しますとブラインドのようなもので、一定方向の光を遮るようにできています。ですから90度回転させると・・・

___2

このように反射光を通してしまいます。

ちなみにもともとの床の照り返しがこちら。

Photo

そしてこれを先ほどの偏光レンズと色の濃さは同じですが、偏光の入っていないサングラスで見るとこのようになります。

___3

違いが一目瞭然ですよね。

単に光がまぶしいだけならサングラスの色を濃くすればいいのですが、それでは反射光を防ぐことはできません。

特に長時間の運転などでは、知らず知らずのうちに目にストレスがかかり、疲労が溜まっていきます。偏光レンズはそれを防ぎ、和らげる効果があるのです。

当店ではスポーツ用のスタイリッシュな偏光サングラスや、おしゃれな偏光サングラスまでご用意いたしております。ぜひご来店ください^^

posted by メガネのウインク at 17:31| 未分類