2016年06月14日

紫外線も青色光線もカットできるコーティングが発売!!

前回は、色を付けなくても紫外線を減光できるコーティングをご紹介しました。

今回は、紫外線と並んで眼の健康対策に重要となる青色光線の新製品をご紹介させて頂きます。

光には「波長」というものがあり、紫外線と青色光線はお隣さんの関係にあります。

いわゆる短波光というものになります。

新しく出たコーティングは、紫外線の波長領域と青色光線の波長領域を同時に減光させる特性を持った

コーティングとなります。

これならば、紫外線も青色光線も減光できますので安心だと思います。

posted by メガネのウインク at 07:12| 健康・病気

2016年06月13日

健康カラーという有害光線予防策もあります

何回か、コーティングによる有害光線カットについてご紹介をしてきました。

今回は、「健康カラー」と私達が読んでいるモノについて少し紹介させて頂きます。

効能としては、青色光線や紫外線という有害光線を減光するという点では同じになります。

更に長所としては、次の3点があげられます。

(1) 色が付くことで、まぶしさ対策にもなります

(2) グラデーションカラ―(上が濃くて下に行くと薄くなる)も可能なので、ファッション効果が高くなります

(3) コントラスト効果が一段と高まりますので、ご年配の方はスッキリ見える効果が出ます

店頭にてお試しも出来ますので、ウインクの近くまでお越しの際は是非お立ち寄り頂きたいと思います。

posted by メガネのウインク at 16:26| 健康・病気

紫外線はカットしたいけど、濃い色付レンズはイヤという方に

最近、サングラス関係のお問い合わせを頂きます。

眼の健康のために紫外線は予防したいけど、濃い色付にするのには抵抗があるという話も沢山あります。

このご要望に対応できるレンズは、数年前から発売されています。

基本的な紫外線対策は、最近のレンズではほぼ全てが無色透明でも対応をしています。

更に最近では、レンズ裏面で反射した紫外線が眼内に入るのを予防できる裏面紫外線カットというコーティングも発売されています。

これならば、色を濃くしないでも紫外線対策は充分に出来ることになります。

※ 紫外線対策とまぶしさ対策は似て非なるものです。紫外線をカットしてもまぶしさが減るというものではありませんのでご注意を! 紫外線が怖いのは、自覚的には痛くも痒くもない点にあります。でも、長時間照射を受けていると白内障や翼状片、網膜疾患等の原因となり得る点です。

posted by メガネのウインク at 06:58| 健康・病気