2014年10月06日

メガネの上から掛ける拡大鏡

熱海店 田中です。

今日の台風には参りました・・・危うくお店にたどり着けないところでした。まだまだ危険な地域もあるようなのでどうぞお気をつけてください。

今回は「ハズキルーペ」のご紹介です。名前だけは聞いたことがある、といった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ハズキルーペはメガネの上から掛けて使うことの出来る拡大鏡です。手持ちタイプの拡大鏡よりも視野が広く、ゆがみが少ないのが特徴で、そのため長時間使用しても疲れにくいのです。

両手が自由に使えますので新聞や本を読むときも掛けたまま楽にページをめくることができますし、パソコンやお裁縫など手を使う作業にもぴったりですね。

また、パソコンや携帯を使用される方にぴったりのブルーライト対応レンズもございます。

HAZUKI

当店では

・大きなレンズと長いフレームで大きなメガネとの二重掛けに便利なハズキルーペpart3(クリアレンズ、ブルーライト対応レンズ共に1.6倍)

・フレームが柔らかく、薄くて軽い小型のハズキルーペpart5(クリアレンズ1.6倍、ブルーライト対応レンズ1.32倍)

以上の2種類をご用意いたしております。(*写真はpart5。下がブルーライト対応レンズです。)

細かい作業をなさる方や手元をもっとじっくり見たいという方にもぴったりのハズキルーペ、ぜひ店頭にてお試しください。お待ちしております^^

(*老眼鏡とは異なります。ご注意ください。)

posted by メガネのウインク at 06:56| うんちく・小ネタ

2014年08月01日

アイメックを使うと快適遠近が作れる理由2 寄り眼量とのマッチング

アイメックを使うと快適遠近が作れる理由シリーズの2回目です。

今回は、「寄り眼量とのマッチング」について説明をさせて頂きます。

人は、読書などの手元距離を見る時には左右視線が内側に変化します。(寄り眼になります)

遠近両用レンズの基本設計は、左右2mm寄せが基本となっています。

この設定で大きな問題も出ないのですが、せっかくなので寄り眼量も測定して

より快適MY遠近メガネを作れるのがアイメックの魅力でもあります。

Photo_3

Photo_4

次回は、度数が強めな方、乱視の方に特に重要になるフレーム角度等とのマッチングについてご案内致します。

posted by メガネのウインク at 15:11| うんちく・小ネタ