2015年02月16日

遠視と近視

熱海店 田中です。

立春も迎えたというのに寒い日が続きますね。熱海では梅園の梅も見ごろになり、このまま早く暖かい春が来てほしいです。

今回は遠視と近視についてです。ごちゃ混ぜになってしまってどっちがどっちだっけ・・・と思われる方も多いのでは?

「近視」とは「近くにピントがあっていて、遠くがぼやけてしまう目」です。

そうなると遠視は「遠くが見えて近くが見えない目なんだな」と思われるでしょう。ところが違うのです。「遠視」とは、「実は遠くも近くも見えていないが、がんばれば見えてしまう目」なのです。なので、常に目はがんばって、見えるように努力をしています。

「昔は目が良かったのに・・・」と言われる方の多くは遠視です。まだまだ調節するパワーがあるうちはいいのですが、疲れや加齢により調節するパワーは段々と弱くなってきます。そうすると今までがんばって見えていたところががんばれなくなり、見えづらくなってしまうのです。

つまり、遠視の方のメガネは「見えるようにするメガネ」と言うより「楽にするメガネ」と言ったほうが正確でしょう。

ちなみに「乱視」とは「十字があったときに、縦の線はよく見えるが横の線は見づらいと言ったような、方向によって視力に差がある状態」を言います。

ところで、「近視の人は老眼にならない」もしくは「遠視の人は老眼が早い」という話、聞いたことありませんか?これはいったいどういうことなのか、詳しくは次回お話いたします。

posted by メガネのウインク at 09:42| うんちく・小ネタ

2015年02月09日

キャリアカラー

熱海店 田中です。

今朝は急に雪が降りました。山も真っ白に染まっていてきれいだったのですが、生活に影響が出てしまうのは困りますね…

さて、以前ブルーライトカットについてお話した際、コーティングだけでなく、カラーでもカットできることをお話いたしました。今回はそのカラーについてです。

中でもHOYAのキャリアカラーについてお話したいと思います。

最近はパソコンやスマホ、液晶テレビやLED照明など、便利になったその分、目の負担は増え続けています。キャリアカラーはそれらのまぶしさやチラつき、青色光を抑える目に優しい機能レンズです。

パソコンや照明、液晶テレビなどだけでなく、ドライブや日常生活にも有効です。太陽光からの紫外線をカットし、色の明暗、コントラストを向上させ、見やすさをサポートします。

見やすさが向上し、まぶしさやチラつきが軽減されると目もずいぶんと楽になります。見え方が落ち着く、と言いましょうか、キャリアカラーを通して見てみると「こんなにもまぶしかったのか!」と、とても驚きます。

カラーは全10色、20タイプございます。また、どの色が見やすいかや、感じ方はひとりひとり異なります。ですので実際にお店で体験していただくことをおススメいたします。

20150209 002

ご相談や、体験だけでも全くかまいません。お気軽にお声を掛けてくださいね^^

posted by メガネのウインク at 10:03| うんちく・小ネタ

2015年01月20日

補聴器について

熱海店 田中です。

ついにテニスの全豪オープンがスタートしましたね。錦織選手は無事一回戦を突破したようですし、このままがんばってもらいたいです!

さて今日は補聴器についてです。

一言に補聴器といってもその種類は様々です。耳にすっぽりと入ってしまうタイプのものや、本体を耳に掛けて使うものもあります。

また、難聴の程度によっても中身の機械が変わったり、使う部品が違ったり、耳の穴の大きさなど使用される方の個人差でも色々と変わる部分があります。

補聴器をつけたからといってすべての音が聞こえるようになるものでもありません。聞こえづらい音や今聞こえている音をサポートしてあげるのが目的の機械です。

ですが、それは個人差が大きく、ひとりひとりに合わせた調整が必要となってきます。そのため補聴器には精密な機械が必要とされます。

値段が上がるごとにもちろん性能も上がっていきますが、では誰でも最高ランクのものを使えばいいのかといえばそれは違います。個人個人の難聴の度合いやご予算を踏まえ、選択していただき、快適に使っていただくのが一番良いと思います。

昔は補聴器といえば「ガーガーピーピーうるさい」「大きいので目立っていやだ」など、マイナスなイメージが付きまとうものでしたが、最近では雑音やピーピーと鳴る「ハウリング」を抑え、音の滑らかさや言葉の聞き取りやすさなど「聞き心地」を重視し、快適性がとても向上しました。なんとスマートフォンで簡単に操作ができる物も登場したんです。

それだけではなく、補聴器自体の小型化も進み、カラーも選択肢が増えるなど、目立ちにくく、なおかつおしゃれな補聴器が多くなりました。

20150120 003

補聴器を使うことで、ご本人も、周りの方も、聞こえづらさからくるトラブルにいらいらしたり、諦めていたこともぐっと減らすことができます。

音の聞こえづらさだけでなく、言葉が聞き取りづらい、騒がしいところで会話が聞き取れないなど、聞こえに不安を感じたらぜひご相談ください。補聴器ってどういうものなんだろう・・・というご相談だけでも構いません。お待ち致しております^^

posted by メガネのウインク at 09:21| うんちく・小ネタ