2015年05月11日

めがねふき

熱海店 田中です。

台風が発生したり大涌谷が立ち入り禁止になったりと心配になることが多いような気がします。何事もないといいのですが・・・

さて、メガネを拭くときに欠かせないものといえばめがねふきです。メガネクロスとも言いますが、メガネ屋さんのオマケだったりおしゃれなものを購入されたり、時には人からいただいたり・・・メガネをきれいに保つ必需品ですよね。

ですが、メガネをきれいに保つことは気にしていてもめがねふきそのものの汚れを気にしていらっしゃる方は案外少ないのではないでしょうか。

めがねふきは汚れを吸着するように特殊な布で出来ています。つまりメガネを拭いてきれいにすればするほど、めがねふきは汚れていくのです。最近めがねふきで拭いてもきれいにならない気がする・・・それはめがねふきが汚れてしまっているからなんです。

ではどうすればいいか、答えは簡単です。洗濯してください。

「えっ、めがねふきって洗えるの?洗っていいの?」と驚かれる方もいらっしゃいますが、大丈夫です。実際店舗で使用しているめがねふきもジャブジャブ洗ってしまっています。特殊な洗剤や方法も必要ありません。いつものお洗濯と一緒に洗っちゃってください^^

洗濯した後のめがねふきは心なしかすっきりとしているような感じがしますし、汚れをとる力もすっかり元通りになっています。お持ちのめがねふき、ぜひ洗ってみてください。

余談ですが、メガネを拭くときの力加減は「サンドイッチを持つくらい」がいいと言われています。きれいにしようとしてあまりごしごし拭くのは表面のコーティングの剥がれを引き起こしたり、かえって逆効果なんです。

レンズやフレームのこと以外でも、なにかわからないことがありましたらお気軽にお声掛けください^^

posted by メガネのウインク at 09:21| うんちく・小ネタ