2016年09月26日

「ファッションコーディネートメガネ教室」

原町店 渡辺です。

本日は、9/14.15で開催致しました「ファッションコーディネート教室」の

模様を紹介致します。

ファッションコーディネート1 ファッションコーディネート5

メガネ業界ファッションコーディネートのカリスマ”原眞由美先生”をお呼びして

似合う眼鏡の選び方、若々しくなれるメガネの選び方についてお話し頂きました!!

年齢を重ねて気になる目元・・・そんな気になるところをメガネでカバー出来るんです^^!!

せっかくメガネを掛けるなら素顔より素敵にメガネ美人になりたいですよね♪

ご参加頂いたお客様からは様々な発見!や、喜びの声をお聞きすることが出来ました。

普段自分では、選ぶことのないフレームとの出会いで楽しんで頂く事ができ

私たち従業員も嬉しかったです。

皆さんもぜひメガネ美人、メガネ美男子になるメガネを探して見ませんか??

前回ブログにて紹介しました「メガネコーディネートその1」もメガネを選ぶ際に

参考にして頂けたら自分に似合うメガネに出会えるかも知れません。

皆様もぜひ店頭で素敵なメガネに出会って下さい^^

お待ち致しております。

posted by メガネのウインク at 18:15| ERROR: NOT PERMITED METHOD: name

2016年08月29日

メガネコーディネート その1

メガネのコーディネート勉強会に参加しました。

改めて、お顔の真ん中に掛けるものなので「大切なんだな〜」という想いを新たにしました。

これから何回かに分けて、特に面白かったコーディネートスキルについてご紹介をさせて頂きます。

まず一回目は、基本中の基本である「サイズ選び」です。

洋服と同じようにメガネにもピッタリサイズというものがあります。

大き過ぎてもダブダブ感がありますし、小さ過ぎても窮屈感が出てしまいます。

pec1

@横幅は、お顔の中で一番貼りだしている部分と一致するくらいがピッタリです

卵型の輪郭であれば、眼尻、耳の上部辺りでしょうか。ヒトによっては口元という方もいらっしゃいます。

A縦幅は、眉からアゴ先までの長さの1/3程度がピッタリです

基本としては、眉からアゴ先までを縦の長さとして判断します。その1/3程度が良いとされています。

 

[ワンポイントテクニック]

◎フレーム上部のラインカーブ(トップリムカーブ)は、眉ラインと合わせると自然な感じになります

眉ラインとトップリムカーブが不一致だと、いつもの印象の中に不協和音となるラインが出てしまい違和 感の元となります

◎フレーム下部のラインカーブ(アンダーリムカーブ)は、涙袋ラインに合わせると良いです

目元は、大人世代になると気になる場所の一つです。たまに隠したい想いからか大きなフレームを選ぶ方がいますが逆効果です。特に老眼系では凸レンズを使うので、大きい枠だと隠したい部分を拡大してしまうことになります。強く隠したい場合には、少しインパクトのあるフレームを選択します。セル枠なら効果抜群です。フレームにインパクトがあり、そこに目が行くので、その下の細かなお肌までは目につかないということです。ちょっとカジュアルな印象でまとめるのも若々しくて素敵になります。

posted by メガネのウインク at 17:10| うんちく・小ネタ

2016年08月18日

国産枠眼鏡展A

原町店 渡辺です。

本日は、前回に引き続き『国産枠眼鏡展』を紹介致します。

国産枠A-3

『金治郎』

伝統の手作業へのこだわり金治郎のセルロイド眼鏡

国産枠A-1 国産枠A-2

職人がフロント、テンプルの全てをヤスリのみで仕上げ

手作業で丹念に磨き上げた職人技が光るフレーム★

フロントのサイドにある鋲は10金で制作されています。

MADE IN JAPANのこだわりで作られたレトロなフレームです。

フレームの厚さも存在感があり、10金で作られた鋲がアクセントです^^

『丹羽雅彦』

世界に誇れる眼鏡職人の技

国産枠A-4 国産枠A-5

掛け心地と品質にこだわった眼鏡の産地福井で作られたレトロフレーム

金属とプラスチックで作られたサーモントフレームやブロータイプのフレームなどがあります。

また、メタルフレームはフロントの塗装がお洒落です!

ぜひ店頭にお洒落なレトロフレームを見に来て下さい。お待ち致しております。

他にも『国産枠眼鏡展』の為に入荷した期間限定の日本製の眼鏡もご用意致しております。

皆様のご来店をお待ち致しております。

posted by メガネのウインク at 16:22| ERROR: NOT PERMITED METHOD: name